顔と心はつながっている。

 

心が沈んでいても
口角を挙げて
笑顔をつくる事で

心が元気になってくる。

表情によって心の
状態も変わる。

逆に
顔を落ち込んだ時の様に
どんより、
うつむき
背中を丸め
口角も上げないで
いると・・・。

なんか心が沈んでくる。

その状態で
「今日も頑張ろう」

と言ってみて。

頑張る気持ち湧いてきますか?

心を良い状態にしたい時
でも、心は沈んでるとき。

そんな時は口角をあげる
顔をあげる
少し大股で歩いてみる
いつもより元気にあいさつしてみる。
声を出す。
背中を伸ばす
大きく息を吸って背伸びする

元気にならなくちゃ
明るくしなくちゃ。

そう思うと
ネガティブを更に見てしまう。

ネガティブに蓋をするのでもない。
無理やり元気にならなくちゃと
自分を奮い立たせるのでもない。

 

 

自分をうけとめる。

 

そして、口角を少し上げて

笑顔を作ってみる。

 

 

そうすると
少しずつだけど
元気が湧いてくる。

でも、それも無理だな。

そんな時は
無理に元気になる必要はない。

そんな落ち込む自分を
「こんな時もある。
大丈夫だよ」

声を自分にかけて
今の自分を受け止める。

そして、メイクをする時
少し元気になる色を
チョイスしてみる。

顔と心は繋がってる。

だから、心が元気になれない時
顔から、少し元気をつくる。

それが化粧療法。