化粧を行う行為は自分を慈しむ時間。


だと思います。

大切に自らの肌を扱う。

丁寧にお化粧を行う。


この世に生まれてから、共に生き
その顔には、自分の在り方も出る。

それが顔だと思います。

病気になっても
年齢を重ねても。

自分の顔と共に生きる。

自分の事を一番自分で大切にできる行為。


それが化粧であるともいます。

何らかの理由で、自ら化粧を行えない方へ、

提供させて頂く化粧ケア。

自分を慈しみ

新しい発見や出会いをしながら
自らの顔を生き一番愛する。

そんな思いを抱きながら

化粧ケアのご提供をしています・