化粧ケアという言葉は、私が考えました。

始めは、メイクセラピストだし
メイクセラピーを学んでいたし。
試験対策をしていたし、
検定審査員でもあるので


メイクセラピーという言葉と
使おうと思っていました。


でも、自分の中でセラピーという言葉が
しっくりこなかったんです。

その場限りでない。
セラピーの要素もあるけれど
もっともっと、医療介護の現場と連携し
一人の方の社会性や、自尊心を高め
リハビリ的要素を取り入れ
看護、介護計画に化粧ケアを載せられるくらい
ケアとしての位置づけを重要視したかったんです。


だから、化粧+ケアという言葉をつくりました。


化粧は装う事、ケアする事が含まれる。

両方を実践したいという思いから
「化粧ケア」

という言葉を使っています。

そして、私自身化粧ケア専門士と名乗っております。

それは、なにをする人か
すぐわかる名称があった方が良いなと感じたから。


化粧をケアへ。

日本中広げたい。
そして、これをリハビリとして活用してほしいです。