化粧ケア

利用者様が強い拒否を示されるときは?

そんな時は、行いません。
私は、今まで行ってきた方は
介護度4~5の重度の認知症の方ばかりです。

暴力行為、噛みつき、などあり。
興奮してしまうと
車いすからの転落等の危険性もある。
また、一度興奮してしまうと
その後の介護にも影響を与えます。
食事がとれない、他傷、不眠等。


ですので、その点は細心の注意を払います。

介護現場で働いておりましたので
一度、不穏になってしまうと
その後の介護が、どれだけ大変かも理解しています。

ですので、まずはハンドケアを取り入れているのです。

最初は、ご挨拶。
お話を少しして
手を触れさせて頂けるか?
手を触れた後、お顔を触れることが出来るか?

触れている際に、危険な行動はみられないか?

など、確認しながら
行います。

そうする事で、不穏にならず
穏やかな状態で化粧ケアを行う事ができます。

化粧ケアは、「ケア」です。
その方の、ベストな日常生活の状態へ
導くのが大切な役割です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA